ブランド

ブランド

1991年。
グランマニエは、ウエディングドレスに耐久性が最優先されていた時代、
「シルクで作られた本当に美しいドレスを日本の花嫁に…」そんな願いを込めて生まれました。
シルクだけが醸しだす優しさと人の手でしか出せない美しさ。
最良の日にまとう、本物へのこだわりと花嫁への想いに満ちた
ウエディングドレスを素肌で感じて頂きたいと願っています。

デザイナー

デザイナー画像

グランマニエのデザイナーに共通すること。
それは上質な素材選びとオートクチュールへのこだわり。
世界各国に顧客を持つ彼らは、一人の花嫁のために布を求め、自在にデザインを変える。
大量生産するファクトリーメーカーには決してできないスローなモノづくりこそ、
日本の花嫁に最上のウエディングドレスを届けるのです。

シルク

シルク画像

グランマニエのデザイナーが選ぶシルクは、一流のファッションブランドのオートクチュールドレスに使うそれと同じ高級シルク。
その違いは素人でも感じ取ることが出来るもの。花嫁の肌に直接触れるものだからこそ、
裏地にまでシルクを用いるのは当然のことなのです。

オールハンドメイド

オートクチュールの世界で磨かれた職人技が生み出すドレスラインの完璧な美しさ。
「人の体のラインに直線はひとつもない」そのことを熟知した職人たちは、
1着のドレスにあらゆる手間ひまをかけ、一針一針に花嫁への想いを縫い込めます。
「着る人の笑顔を想像すると、一日中続くどんなに細かな仕事も楽しいわ。」

パターン修正

パターン修正画像

日本でもインポートドレスはたくさん取り扱われていますが、日本人女性の体型を考慮し、
本当に美しいドレスラインにこだわるメーカーはほとんど出回っていないのが現状です。
グランマニエのデザイナーは、自身がデザインしたドレスを日本人の体型に一番美しくなるよう、
レースや刺繍の柄のスケール、リボンの幅やコサージュの表情に至るまで、優しく上品に創り出します。
時には見えないところにもミリ単位のこだわりをもって。

Page Top